angie BLOG

俳優・写真家 日笠圭がたまに更新します。

公開審査終了◎

〔審査結果〕
・最優秀賞 ひょっとこ乱舞  東京ミルクホール
・観客賞  WANDELUNG

はい。出ました。結果が。ほぼ予想通りでございます。

ウチはありがたくも観客賞をいただきました。ありがとうございます。

さて、早速公開審査について思ったことを言いましょう。

             あれならやるな!

退屈極まりない。不愉快さ極まりない。

何から言えば良いんだろうねー。
流れから説明しましょう。

1作品ごとについての批評をそれぞれの演出家が順に述べる⇒観客賞の発表⇒最優秀賞の投票(各審査員に2票ずつの投票権)⇒上位2作品が選ばれ決戦投票⇒最優秀賞決定⇒受賞式

この流れでした。


まず、審査員に投票権が2票。その時点でアホかと。その結果がW受賞に繋がってるわけです。そりゃそうでしょ。審査員が偶数しかいないわけだから。そうゆうことにもなるわけですよ。バッカじゃねぇの?ちゃんと白黒つけろよ。気持ちわりーなー。


でさ、これだけ作品性の違うモノを審査するにはあんたら安易過ぎるよ。つまらん批評会を長々2時間もしてくださった。退屈で仕方がなかったよ。

結局のところ好きか嫌いか位のことしか言ってない。相変わらず舞台美術家のオバハンは見当違いのことを述べてる。

いやいや、全部とは言わんよ?はい。その通りですねって素直に聞く耳を持つところもあった。

ただね、これだけの6作品が集まって、作り手は真剣に勝負してるわけですよ。それを審査員がそれじゃ、どーなのよ。

好き嫌いでどうこう言われたんじゃ、このコンクールは何なんですか?って話。それから、新しい感性を理解しきれない年寄りが間違った解釈で批評したんじゃ話にならん。

貴方たちの批評の言葉は全くこっちには何も伝わってこなかった。何を基準にやってるんですか?

今回のコンクールに関しては、演者以上に演出家達はイライラしたことだろう。

その証拠に授賞式が終わった直後に最優秀賞をもらった演出家の1人がそのイライラをぶちまけた。

そして続いて、数人の演出家たちも口を開いた。正直幼稚な発言も多々あったが・・・。

その中で賛同できるものは、一体基準は何だと。結局好き嫌いで決まってるじゃねぇかと。あんたらの面白いという言葉の意味合いが伝わってこないと。ものすごーく簡単に要約するとそんな事を言ってたわけだが、はい。その通り。

あとは愚痴くらいにしか聞こえなかったけど。
まぁね、結局みんな同じことを腹に据えかねてたんだな~ってね。
可笑しくなっちゃったよ。

それから審査員のオッサンの1人!!ガムをクチャクチャ噛みながらあの舞台に立って批評&審査するとはどうゆう了見だ。てめぇ。流山児のおっさん!あんただよ。あんた。名指しだ!あんたは。

嫌いじゃないよ。あんたみたいなヤクザなおっさん。でも、筋通せよ。そうゆうところは!バカタレ。

基本的にどのおっさんもクセがあるけど気さくで、いいおっさんだよ。嫌いじゃねぇ。でも今回だけはアホかとね。

とにかくね、あれなら公開審査なんぞしないで貴方たちだけでやってよ。んで、授賞式やればいいじゃん。

簡単なことを難しくこねくり回そうとするから、ムチャクチャな解釈になってて、もー聞いてて笑っちゃったもん。

でも今回の全ての賞は、それ相応の賞だと思った。観劇した上で予想した通りの結果だったしね。最優秀賞はW受賞したどっちかが獲るだろうと思ってたし、観客賞はウチか東京ミルクホールだろうと思ってたから。

いやー、でも面白かったし、普段交わらないジャンルの人間たちがココで出会ったことは良かったね。

ってか、協会のおっさんたちも含め演劇人は熱いね。好きだね。そうゆうの。でも演劇についての難しいことは俺には解らん。基本的に演劇は大嫌いってところから入ってるから。

まぁいいや。とにかく楽しかったわ。

あっ、それから4日と今日のブログに文句がある関係者は、俺の勝手な見解だから俺個人に文句言ってね。
スポンサーサイト
  1. 2005/03/09(水) 11:32:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<観客賞受賞 記念公演決定◎ | ホーム | 『オハコ△▼ロック♪』公演終了◎>>

コメント

大爆発ですね

ブログにコメントありがとう。
リンク、してください。お願いします。
私も、しときます。

大爆発してるねー。
私はここ数年コンクールなどというものには無縁だけど、高校演劇でコンクールに出ていたときのことを思い出します。やっぱり紛糾してたさ。

壇上に座ってる審査員の足が馬みたいだとか、審査講評中にメモを回してみんなの気を晴らしてくれた先輩がいました。壇上に座って机の下が丸見えなのを忘れて、足首を外側にくにゃっと曲げて座ってやんの。ぷぷっ、ってね。

舞台美術家のおばさん、ですが、好きな美術家さんだったのでなんかショックだ↓

なにはともあれ、おつかれさまでした。
では明日☆
  1. 2005/03/11(金) 15:50:15 |
  2. URL |
  3. セーラー猫 #0utlqaqs
  4. [ 編集 ]

ほぃほぃ。早速リンク貼り付けます。

明日は送れて行きまーす。
では、明日◎
  1. 2005/03/11(金) 22:04:25 |
  2. URL |
  3. 圭 #-
  4. [ 編集 ]

ふむふむ、圭ちゃんらしいね。。

そうだ、怒りはぶちまけてしまえぇぇっ!!
審査員も批評家も、結局はただのインテリだ!
出版業界もまったく同じだっ・・!!

頼れるのは、お客の反応のみ!!
  1. 2005/03/13(日) 12:29:59 |
  2. URL |
  3. 大三郎 #-
  4. [ 編集 ]

お客の反応が真実だろうね。
俺はそれを信じていくよ。うん。
  1. 2005/03/14(月) 00:40:37 |
  2. URL |
  3. 圭 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://angie.blog2.fc2.com/tb.php/12-76eea53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大三郎と毛布

コメントありがとう。なんか結構更新してるね。明日にでもゆっくり見ます。。これからは僕の人気ネタをTBしてゆきます。キモかったら遠慮なく削除してちょ。大三郎
  1. 2005/03/13(日) 01:05:24 |
  2. 大三郎(だいざぶろう)