angie BLOG

俳優・写真家 日笠圭がたまに更新します。

憂い

むかしの人の詩にありました

君看よ双眼のいろ
語らざれば憂い無きに似たり

憂いがないのではありません
悲しみがないのでもありません
語らないだけなんです

語れないほど深い憂いだからです
語れないほど重い悲しみだからです

人にいくら説明したって
全くわかってもらえないから
語ることをやめて
じっと こらえているんです

文字にもことばにも
到底表せない
ふかい憂いを
おもい悲しみを
こころの底ふかく
ずっしりしずめて

じっと黙っているから
まなこが澄んでくるのです

澄んだ眼の底にある
ふかい憂いの分かる人間になろう
重いかなしみの見える眼を持とう

君看よ双眼のいろ
語らざれば憂い無きに似たり
語らざれば憂い
無きに似たり

******************************

相田みつをの詩。

この人の詩を殆ど読んだことがなかったけど

一年前になんとなく彼の美術館へ行ってみた。

そこで沢山の詩を見たけど

この詩が一番共感できて好きだったので

今は部屋にも飾っている。

今までこんなことを深く感じて生きてきたけど

最近どうもおかしい。

心ってもんがどっか行ってしもーた感じが否めん。

おかしーのー

少しずつ取り戻そうとしてんだけどなー

んー。

平和過ぎるんだなー

多分。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/31(火) 23:41:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ